留学のすすめ.jp

Invitation to Study Abroad

Disseminating the Impact of Study Abroad
Inter-generational Knowledge Transfer

インタビュー

全ての経験が自信になる

間所 眞琴氏

2018年12月13日  23ページビュー
6カ月以上   ドイツ   語学学校  

「なぜ留学しようと思ったのですか?留学にいたる経緯は?」
元々旅行業に携わっていた関係で海外にとても興味があり、なおかつ親戚に日本航空の関係者がいた。その親戚がパリ勤務のためヨーロッパには何度か出向いており興味があったので親戚を訪ねドイツに留学を決めた。
 
「留学準備で苦労したこと、工夫したことは何ですか?」
大使館に出向き準備することが大変だった。
学習ビザの取得が大変だった。
 
「留学中に苦労したこと、工夫したことは何ですか?」
日本人とは会話をせずドイツ人とのみコミュニティを持った。
それが辛くもあったが、語学習得に大いに役にたった。
 
「留学前に不安だったことは?また、実際に留学に行ったら、どうでしたか?」
好奇心と希望しかなかったため行く前の不安は特になかった
実際行ってみると想像していた以上に環境も良く楽しかったが、勉強はとても大変だった。
 
「留学で得たものは何ですか?」
とても大きな自信を得た。
 
「留学が帰国後のキャリアや人生にどう影響しましたか?」
その後ドイツの専門旅行会社を設立し、その時から常にドイツと関わりを持っている
 
「今後留学を目指す学生へアドバイスをください」
不安もあるだろうけれども留学にいける用意があったらとにかく突き進んだ方がいい
迷わずに。全ての経験が自信に繋がる。

インタビュー実施日:2018/07/26

インタビューアーからのコメント

「印象に残った言葉」
私が今回インタビューを通じて印象に残った言葉といえば全ての経験が自信になるという言葉だ。私はまだそのような経験がなく自信もあまりない。しかし留学に行くことによってそのような自信を得られることがわかり、留学に行ってみたいと強く思うようになった。また迷わずに用意が整っていれば留学に行った方がいいという言葉も印象に残った。講義で何人もの留学行った人のお話を聞いてきたが、皆このようなことを言うので本当なのだと感じた。やはり留学と聞くと海外に行くということもあり環境や人間関係も大幅に変わるため勇気がいり、怖気付いてしまう。しかしこれからは勇気を持って行動することが大事だとわかったのでそれを意識していきたいと思う。

「お話を聞いて、感じたこと、学んだこと」
私が今回お話を聞いて学んだことは留学に行くときは迷わずに思い切ってチャレンジすることが大事だということ、また留学に行くことによって語学力はもちろん自信がつき今後の人生に大きく影響するということだ。なぜなら今まで講義を通して様々な国へ留学をしてきた様々な年代の方のお話を聞いてきたが年齢も行った国もバラバラな皆さんが口を揃えて言っていたのがこの二つのことだったからだ。そして実際に留学に行くとこれらのことが身につくのだろうなと心から感じた。またビザの取得や準備のため大使館に行かなければならないということも今回のインタビューの中で学べたのは大きいと思う。
今まで聞いてきたお話と今回インタビューさせていただいたことで様々な留学に関する知識を得ることができより留学に行ってみたいと思った。なのでそれらを活かしてこれから具体的に準備を進め、恐れずに留学への一歩を踏み出したと思う。

インタビューアー:間所 眞之助 (経営学部第二部経営学科1学年)
「青年の船」が人生の船出
一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
鈴木大樹 氏
『世界一周して千人カット』美容師の桑原淳さんへインタビュー
美容室 Up to You / サロカリ代表 / 超超エリート株式会社 代表取締役
桑原淳 氏
海外経験が自分の視野を広げ、将来の自分のためになる
一般社団法人 グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)
辰野 まどか 氏